腎臓病食を毎日自宅で調理するのは大変|宅配サービスを利用しよう

医師

腎臓が悪い方の食事

医者

腎臓病食はステージごとに食事療法の基準が変わります。腎臓病が進行していくと、制限が多くなり食事療法が厳しくなっていきます。尿の量や色が変われば腎臓病の可能性があるので心当たりがあれば早めに検査を受けて腎臓病の早期発見に努めましょう。

View Detail

腎臓に優しい宅配の食事

老人

栄養のバランスを考えて食べることは、病気の予防にもつながっていきます。とくに腎臓病の人は、食事に気をつけていく必要があります。いまは宅配を依頼して負担なく食事を楽しむことも出来るようになっています。

View Detail

原因を探って・治療&改善

老夫婦

自覚症状の少ない腎臓病は、だんだんと体調を悪化させてしまいます。また、発見しづらいだけでなく、一度弱ってしまうと改善が難しい病気でもあるのです。そのため、早いうちから対策をうつことが重要です。たんぱくなどの摂取をコントロールした食事を行い、腎臓病の進行を防ぎましょう。

View Detail

上手な利用で負担を軽減

食事

業者に注文してみては

腎臓の大きな役割は、摂取したタンパク質を体内で分解した際に出る老廃物や、余分な水分や塩分を尿として体外に排出することです。ですので、腎臓が悪くなると老廃物や水分が体に溜まって危険な状態になってしまいます。腎臓の負担を減らすためには、余分なタンパク質や塩分の摂取を控えることが大切です。しかし、腎臓病食を毎日作るのは簡単ではありません。患者本人はもちろんのこと、家族や周囲の方も大変な労力がかかります。そんな時は腎臓病食の宅配がおすすめです。業者は様々ありますが、大体どの業者も注文しやすいようにコースが設けられていたり、毎日食べても飽きない工夫がなされています。管理栄養士や調理師などプロが作っているので、何かと安心です。

把握してからの注文が大切

宅配の腎臓病食は、とても便利です。医師や栄養士がすすめてくれる場合もあります。しかし、やはり気になるところは出費がかさむことではないでしょうか。業者によって値段は様々ですが、大体の平均額は1食800円程度です。これを毎食となると、やはり大きい出費です。そういった場合は、夕食だけ宅配にするとかおかずだけ注文するとか、工夫してみると良いでしょう。また、宅配業者の中には、腎臓病食と明記せず「低タンパク食」「減塩食」などと表記しているところもあります。そのような場合には、タンパク質や塩分がどれだけ含まれているのかのチェックが必要です。上手に宅配を利用することで負担を軽減し、笑顔と健康を守ることができます。